セーラー:ザ?リング」ソース覚醒の精霊を解説!2番目に高い戦闘力を持ち、スキルの統合性はそれほど高くない。

技巧集成度并不高 src=”http://78t.top/wp-content/uploads/2021/08/3ea409de684cfc5f4d2b973d7fa8b789.png”width=1101height=590>1自己の攻撃スキルがヒットした場合、ゼロングストロングアタックを発動:攻撃ダメージの80%に相当する割合の追加ダメージ、攻撃ダメージの80%に相当する体力回復、与えた攻撃ダメージが300未満の場合は、相手の次のターンの属性スキルを無効化、与えた攻撃ダメージが300以上の場合は、相手の次のターンの攻撃スキルを無効化。2属性スキルを操纵した場合、ゼロングトリックが発動します。次に相手がスキルを操纵したとき、ラウンド終了時に300ポイントの固定ダメージを受けます。赛尔号:环·源觉醒精灵剖析!二线顶级战力,セーラー:ザ?リング」ソース覚醒の精霊を解説!2番目に高い戦闘力を持ち、スキルの統合性はそれほど高くない。1.スピリット?ソウル?シール3受けた攻撃ダメージによってゼロイングバリアーが発動する:受けた攻撃ダメージが300未満の場合はラウンド終了時に相手のスキルのPP値を1ポイント減らし、相手の全スキルのPP値を1回復、受けた攻撃ダメージが300以上の場合は次のラウンドで相手の全スキルの先制システム-1ボス無効 セーラー:リング -ソース?アウェイクニング?ジーニアス分析!第2層のトップの戦闘力、スキルの統合は高くない魂の封印は3つの部分に分かれており、それは「強襲をゼロに戻す」「トリッキーサンダーをゼロに戻す」「バリアをゼロに戻す」という3つのバフと解釈できます。まず「ゼロアタック」ですが、これは「出力コアソウルマーク」と定義することができ、赤ダメージに相当するピンクダメージの80%の高さを補い、同じように出力された赤ダメージの80%を血に還元し、出力と持続を1つにしたものです。この効果があれば、サステインを属性に頼らなくてもいいので、赤の傷つきやすいエルフにはもってこいです。バーストアタックタイプの音源を再生した場合、攻撃の振り幅が大きいほど、失掉するピンクの傷害?持続的補償額が高くなります。セーラーリング -sourcawakenspriteanalysis!2番目に高い戦闘力を持ち、スキルの統合性はそれほど高くない。そして、バーストアタックタイプのソースとのマッチングの中心となるのは、最初のソウルマークの後半部分です。バーストアタックタイプのスワイプの通りにスタートすると、攻撃失敗のヘルメット効果で、一部のエルフのリズムを即座に狂わせる。効果は壊れない、非常に強力な保留マージンを供给するためのスキルセットはさておき、意味は明確かつ単純で、私が出力し続ける限り、相手は私のリズムとエルフのメカニックに合わせてのみ、効果的に私たちの赤い傷の出力後に相手の次のターンの動きを鉴定することができますされています。しかし、このソウルシールの唯一の欠点は、攻撃スキルを使った後に相手にヒットしないと発動しないことです。セーラー:リング -ソース?アウェイクニング?ジーニー分析!2段目のトップの戦闘力、あまりスキルの統合はない。2つ目の【トリッキーサンダーをゼロにする】こちら側が属性スキルを操纵した後にピンク色のダメージ補正を発動させることで、機械的に後付けの把持をしていると考えられます。効果はあまり大きくないかもしれませんが、ピンク色の怪我の補正としてはまだ良い方で、たまたま相手のHPが200程度残っていたとしても、相手の出力が更新されていなければ、魂の封印の効果で開属性ラウンド終了後に相手を〆ることができます。セーラー:リング -ソース?アウェイクニング?ジーニー分析!第2層のトップの戦闘力、スキルの統合は高くない 3つ目の[ReturntoZeroBarrier]パッシブゲイン、条件付きトリガー効果。最初のものと同じように、異なる条件に到達することで異なる効果を補い、ほとんどが相手の第一システムを減らす、効果はまだ良いです。このゲームでは、主導権がゲームのペースを決めるため、最初のショットがより良いチャンスになることが多い。セーラーリング -sourcawakenspriteanalysis!第2層のトップの戦闘力、スキルの統合はあまり高くない。しかし、ソウルマーク効果のために、この精霊はスキルとソウルマークの関連性について、どちらかというとアンビバレントになっているのです。5つ目のスキルは、明らかにバックハンドの動きの中で最も优点のあるものですが、しかしスピードを無視しています。バックハンドのターンを壊すスキルは、リングの立ち位置を大きく制限します。2.エルフのスキル オールドファースト3CoreCollapsここで、なぜオールドファースト3を持ち出すかというと、150の「CounterWeak」よりもオールドファースト3の方がはるかに強いと思うからです。それか、150の対错误谬误を削除して、Sランクのスキルストーンに変更して、カオスエルフが多いので電気石を優先する。旧初3は消尽コントロール(相手がたまたま筆可怕コントロールだった場合、非干流コントロールが晦气になる)で、ブースター効果のおまけ付きで、新初3との混同ダブルスでも意外と活躍してくれます。セーラーリング -sourcawakenspriteanalysis!第2層のトップの戦闘力、スキルの統合は高くない新先3天獄の集いの裂け目】新先3と旧先3の違いはあまりないが、効果は良い。新3は旧3とあまり変わりませんが、効果は良好です。个别的な効果は、古い最初の3つは、人々に嫌なことができるとすることができます。セーラー:リング -ソース覚醒エルフ分析!第2層のトップの戦闘力、スキルの統合は高くない実際には、多くの人に同じことをしてもらうことはできないのです。セーラー:リング -ソース覚醒エルフ分析!第2層のトップの戦闘力、スキルの統合は高くない強力な[孤独な虹の流星]最初の手の強化は倍、ブラシの体式格局でリングソースに決定した最も適しているか、またはバースト攻撃速度の流れを行く、完全な血液回復効果は、極端な保留を確保するために、ランダムなPPを削除するためにヒットし、相手のスキルの操纵を故障するために非常に効果的であることができます。属性を利用して300ダメージを軽減するというのは、ちょっと違うと思います。属性があるからこそ、このエルフの攻撃速度が爆発的に上がってしまい、300ダメージを軽減してもあまり意味がないのです。セーラー:リング -ソース?アウェイクニング?ジーニー分析!2段目のトップの戦闘力、あまりスキルの統合はない。5つ目のスキル【零~神の宮廷ドッカン落し】は、相手のスピードを無視した上で防止強化を行い、前半は2発の弾幕、後半は100%のダメージアップ、高身長プラス50%と、どこに冲突があるのか。セーラー:リング -ソース覚醒エルフ分析!第2層のトップの戦闘力、スキルの統合はあまり高くない。全部的にこのスプライトは、スキルは正直あまり効果的ではないので、彼は継続的に抑制する能力を失わせる、強さは主に第五と魂のシールに焦点を当てています。そして、それは抑制の欠如のために、あなたが次のターンに直面して1を殺すために自分自己を結ぶ場合はヘルメットがあり、反対に次の1の背後にある1を殺すことを意味して結ぶ利点はありません、さらに、このエルフのコアは、第五のスキルであり、属性は基本的にポイントしない、それはこのエルフは、いわゆる形成状態ではないと言うことができます。 

78t

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *